第7回「目の見えない人・見えにくい人の仕事サロン」


日時 平成26年2月16日
参加者22名(きらら参加者7名)
内容:第1部 報告「視覚障害者にとってのWindows 8の使い勝手とは?」
報告者 久保 弘司(京都府視覚障害者協会 理事)、 田村恵子(京都府視覚障害者協会 理事)
   第2部 「Windows 8」体験会
   第3部 交流会「視覚障害者に使いやすい職場でのIT環境を目指して」

Windows XPに対するマイクロソフト社のサポートが今年4月で終了となることから、
Windows 8に移行されている職場も少なくなく、不安をお持ちの方もおられるのではないでしょうか。
そこで、今回は「視覚障害者にとって働きやすいIT環境を!」をテーマに、
これまでのXPやWindows7との操作の違いを実機を触りながら体験しました。
音声のみで操作するグループ2テーブル、マウス使用で画面を見ながら操作するグループ1テーブル、合計3グループに分かれての体験でした。
講師の先生2名から、操作手順をお聴きし、実際に操作しながら概念をイメージしていきました。
スタートメニューの配列そのものもレイアウトが異なっていたり、
リボン操作により、階層が増えていたりすることも確かめることができました。
それぞれの職場におけるパソコンの環境は異なりますが、
体験を通して拡がりのある報交換ができました。

参加者の声


★体験型のサロンは初めてのトライ!

実践に即した体験型交流会ということで、
いつもは一般職の方の参加がほとんどですが、
今回はマッサージ職の方も参加してくださったことが印象的でした。
特にヘルスキーパーの方は、事務作業も業務の中に含まれる場合が多いと聴いています。
職種に関係なく、新しいOSについては、当然関心が高いですね。
体験の後は、情報交換の時間がありました。
職場のパソコン環境が変化したことで、業務が困難になり、
職場に必要な支援を求める必要が出てきた場合、
他の人はどのように会社と交渉しているのかということがテーマにあがりました。
いくら良い制度があっても、実際には活用できないことが多いと聞き、
合理的配慮も組織の中では容易に求められるものではないことを認識しました。
京都でも職業訓練が、単発で受けられる制度があれば力強いのではという声もありました。
私も以前から考えていたことですが、
それが実現できれば、継続雇用や就活に必要なスキルの習得が可能になります。
それに対応するだけの職業訓練指導員の人材確保と、
支える制度の構築が必要になります。
エクセルやワードのビジネススキルアップ講座のようなものからでも、
実現できると良いなと思いました。

★有意義な1日でした

ランチ交流会から1日を楽しく過ごすことができました。
新たな出会いができ、情報交換ができ、あっという間の1日でした。
仕事サロン中心の参加になっていますが、お出かけイベントにも参加できるようにしたいです。
仕事関係であれば、10数年ではありますが、それなりの経験をしてきましたので、
何かの役に立てればと思っています。

★Windows8を体験できたことで安心できました Windows8について、講師の方々からわかりやすくご説明いただき、また実際に操作を体験できたことで、非常に理解が深まりました。
私自身、WindowsXPを10年近く使っていますので、ちょうど「そろそろ買い替えどきか」と考えていたところでした。
今回のサロンでいろいろ情報を知ることができ、安心しました。

★やはり実際に体験するとよくわかりますね

今回はWindows8の説明や体験ということで、楽しみにしていました。
サロン前のランチ交流会では少人数でたくさんのお話ができました。
Windows8のお話では実際に職場などで使用されている方々のお話も聞けました。
音声操作は思ったより複雑な操作になっていなかったので一安心です。
その後は参加者からの質問があり、勉強になりました。
懇親会も盛り上がりましたし、充実した1日でした。
やはり「実際に体験すると、わからなかったことがわかっていいな。」と感じました。

★体験型の仕事サロンに初挑戦

今日は普段とは一味違う仕事サロンでしたね。
Windows8の体験会ということでしたが、実機を触りながらあれこれ拡がりのある情報交換ができました。
普段はなかなか会えない人ともつながりが持てて良かったです。
ここ1年ほどの間、私自身、いろんな活動の中で若い方をきららへぜひということで
ご紹介頂いた方と、面談させて頂いたり連絡させて頂いたりしています。
まだ、なかなか動けないきらら世代の人達が、まだまだいるんだということを感じます。
その中で大きな問題となるのが、やはり仕事です。
きらら世代には外せない話題であり、まずこれが成り立たなければ
自分らしく・・・というところにいくことは困難ですね。
仕事サロンへ本会が参画し、立ち上げから関わったことは、
テーマそのものが、きららならではの課題であったことが大きな要因です。
それが少しずつ定着化してサロンの参加者も増え、
団体を超えて、横のつながりになり、ネットワークを拡げています。
なんかよくわからんけど、とりあえず参加してみるところから
一歩がはじまります。
これからも仕事サロンをよろしくお願いします。

★充実した1日でした

ランチ交流会では少人数でしたので、ゆっくりと話をすることができました。
パソコン、仕事、見え方など、日常で工夫していることの情報交換ができ、あっという間に時間が過ぎました。
仕事サロンでは、Windows8の体験会で、操作方法をわかりやすく説明いただきました。
Windows7との違いや今までと変わっていないところなど、実際に操作をしながらの体験会となりました。
PCtalkerがあれば、Windows8になっても、なんとかなるということが分かり安心しました。
Windowsやofficeがバージョンアップすると、戸惑いや不安がありますが、
その人にあったサポートが大切と感じました。
ランチ交流会、仕事サロンと情報交換ができ、充実した一日になりました。

★仕事サロン初参加

私は今回が初めての仕事サロンへの参加でした。
私事で遅れて行ったランチ交流会でしたが、少人数で中身の濃い交流ができました。
初対面の方やお話しする機会の少なかった方とも交流でき、とても嬉しかったです。
今回の仕事サロンのテーマは、Windows8。
仕事でパソコンを使用している方も全く使っていない方も、「Windows8とは何?」という気持ちで参加されたのがよく伝わってきました。
私も例外なく、そのオーラを出していたと思います(笑)。
柔和なお人柄のうかがえる司会に始まり、
講師の方からゆっくりしたペースで丁寧なご説明を受けました。
それを聞きながら実際にパソコンに触るので、大変分かりやすかったです。
多少階層やタブキーの使用が増えていますが、PCtalker8を使えばそんなに心配いらないように感じました。
あとは「習うより慣れろ」ですかね?
新たな出会いや仲間との交流、そしてWindows8について学べた充実の時間をいただきました。
本当にありがとうございました。
またよろしくお願いします。

★仕事サロンにこれからも参加してみたいです

ランチ交流会では少人数ということもあり、みなさんといろいろなお話しを沢山することができました。
仕事やパソコンのことだけでなく、
日々の生活の上でのこと等、情報交換や交流ができ、
とても有意義な時間でした。
仕事サロンでは初めてWindows8を体験しました。
私は今まで、Windows8のことはいろいろなところで聞いていましたが、
実際のところどんな感じか、XPや7と、どう違うのかが、よくわかりませんでした。
でも、実際に操作をしながら、講師の方の丁寧な説明を受け、
質問にも答えてくださったことで、8のイメージを掴むことができました。
まだ、対応し切れていないソフトもあるようですが、
PCtalkerなら特徴に慣れれば、主なところは大丈夫かなと安心しました。
 ただ、みなさんの話を聞いて、個人的に使用する時は自分がしたいことができればよいのでしょうが、
仕事や職場で使用するとなると、Windowsが変更されるのは思っていた以上に課題があるなぁと思いました。
私は仕事サロン、ランチ交流会は初参加でしたが、
同年代の仲間はもちろんのこと、様々な年代、職種の方との交流で私自身の視野も広がり、参加してよかったです。
そして、初めての方や久しぶりの仲間達、あまり話したことのなかった方ともお話ができ、とても楽しかったです。
きららのイベントだけでなく、また、仕事サロンも参加したいです。
どうぞよろしくお願いします。