第3回きららカラーコーディネイト講座

顔周りテクニックと秋冬トレンド情報

平成25年10月14日
参加者 9名

今回のカラーコーディネイト講座はカフェさわさわの協力により、ランチ交流会と併せて実施することができました。
カフェスペースを11時から12時まで貸切にして頂き、ランチしながらの自己紹介でウォーミングアップ!
さわさわのごまへの取り組みや、商品の紹介を聴き、実物のゴマの葉と実を触らせてもらいました。
私達の食生活になじみの深いゴマですが、
実際にどんなふうに実が成るのかなんて知らない人がほとんどでした。
ランチ後、1階奥のスペースに移動し、アットホームな講座を実施しました。
さわさわの「家」の雰囲気とサロン感覚のきらららしい講座というコンセプトがしっくりきていたように思います。
この「しっくり感」は、机に向かって先生の講義を聴くというのでなく、
参加者と講師がサークル状に集うからこそ生まれる雰囲気だと思います。
きらら恒例の、カラー講座バージョン自己紹介では、
参加者の「今日のスタイリング」を発表しました。
毎回、ここが、かなり盛り上がります。
たかが外見、されど外見、相手のことを知る素敵な時間です。
というのも、自分の服装を自分でどのようにまとめたか、雰囲気を作ったか、その日の気分や、なぜこの服を選んだかというところに
その人の中身を垣間見ることができるからです。
「なるほど、へえ、そうなのか」と感心することが多いのが、この時間です。
前回とはまったくイメージチェンジしてきた人、
オンとオフで複層を切り替える人、
複層に対するコンセプトから、その人の人柄が見えたり
小物の組み合わせ方などから、ヒントをもらったりもできます。
この自己紹介だけでもかなりの情報共有ができます。
体もとことん温まり、さて、やっと本編です。
おなじみの中村先生から、
今回の講座では、顔立ち別、似合う襟元の形、アクセサリーの長さ、スカーフの巻方など、
具体的にご提案頂きました。
また、どれがシルクか、触って考える時間もあり、同じ素材でも糸屋織り方で印象が大きく違うことを学びました。
実際に参加者が持参したスカーフで、巻方を教えてもらったり、
「こんな時はどうするの?」と随時声が上がり、
先生が丁寧に応じて下さいました。
講座前半終了後のティーブレイクでは、
さわさわから点字クッキーを提供して頂きました。
この点字クッキーはとてもレアで、ボランティアの方の手作りです。
2枚1セットのクッキーは、それぞれ違うテイストで、2枚で1ワードになるように作られています。
食べる前に、必死に指で読もうとする人や、
さらっと読んで、味わう人、
ここにも個性がありました。
講座後半では、
今期秋冬のトレンド情報を、教えてもらいました。
人気ファッション誌、男性にはジョーカーから、
女性はクラッシーから、ページをめくりながら、スタイリングや色の調和など、コンセプトも含め、言葉で丁寧に説明を受けました。
ガラス越しのディスプレイやファッション雑誌を見ることができない私達にとっては、
とてもリアルで、いきいきとしたトレンドとの出会いでした。
売り場やネットなどで、触ったり聴いたりして、それなりにトレンドを感じることはできます。
でも、多様なトレンドの中から、全体像としてコーディネイトをイメージするのは
やはりファッション誌等で一目瞭然に雰囲気をつかむのがわかりやすいです。
とはいうものの、写真を理解するというのは、
言葉で説明してもらったとしてもそこに主観が入ることも多いです。
コーディネイターの中村さんだからこそ
見たままの印象を、色やデザインを含め、
的確にわかりやすく説明してもらえたのだと思います。
こんなふうにファッション誌を楽しむことで、
きらららしいサロン感覚の講座を深められました。
ページごとに受ける印象や、そこから拡がる感想、
さらに、「それってどんな感じ?」と自分の知りたいが質問になりました。
参加者が自分の思いを伝え、参加者で作る講座、
今回もきらららしい講座になりました。
まだまだ知りたいカラーの話、テーマも多面的に拡がりつつあります。
きららメンバーの声をテーマとして
これからの講座につなげていきましょう。

★参加者の声


★顔立ち別コーデが楽しみに・・・

今回は、顔まわりのコーディネートということで、
まずは、顔の形から!
大きくは ラウンド形、オーバル形、スクエア形の3パターンに分かれるということで、
参加者それぞれ自己診断。
そして、ラウンド形だと思っていたら、オーバル形だね〜と、ちょっと苦笑い。
でも、スカーフや襟元、顔立ちで似合うパターンは違います。
今まで、なんとなくしっくりこなかった、スカーフの巻き方や、襟の形…なるほどなぁ〜と納得しました!
これから、寒くなると、スカーフやマフラー、帽子を使うことが多くなります。
早速、実践してみようと思います。
今回は、さわさわのお部屋で、アットホームな雰囲気の中、きらららしい雰囲気の中、楽しい時間が過ごせました。
中村先生、今回も盛りだくさんの内容で、
分かりやすくお話くださりありがとうございました。

★どんどん具体的になるカラー講座、楽しかったです

今回のカラー講座は各タイプ別のスカーフの結び方やネックレスの選び方など、具体的なアドバイスをいただき参考になりました。
帽子を上手くファッションに取り入れたいという男性お二人のお話も興味深く聞かせていただきました。
また、さわさわで育てておられるゴマの葉や花を触らせてもらえたのは貴重な体験でした。
いつも楽しい企画ありがとうございます。

★これからもきららカラー講座が楽しみです

今回のカラー講座はカラーだけでなく、
自分の顔の形によって似合う襟元の形、ネックレスの形や長さ、
スカーフ、マフラー、ストールなどの巻き方なども教えていただきました。
顔の形はほとんどの人がオーバルだったのですが、
私は1人、オーバルに近いスクエアでした。
診断は見た目だけではなく、髪の生え際とか頭の形でもわかるのはおもしろかったです。
ここで自分のタイプを教えていただいたことで、
襟元に直線的、シャープなラインを出すと顔がすっきり見えることがわかり、とても勉強になりました。
他にも雑誌の常法からの男女別のトレンド、
帽子や靴、みなさん、各自のおしゃれの話なども聞くことができて楽しかったです。
私もこれをきっかけにしっくりいかなかったマフラーやスカーブも巻き方を変えて使ってみたいなぁと思います。
さわさわのお昼のカレーも点字クッキーもおいしかったです。
中村先生、今回もいろいろな疑問や質問に丁寧に答えていただき、どうもありがとうございました。
カラーって一口に言ってもいろいろとあるので、話がどんどん膨らみ、まだまだ、お話が聞きたいな、そんなことを思いながらその日は家に帰りました。
また、次回の企画も楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いします。

★今年のトレンドを実践してみよう

今回は顔回りテクニックということで、顔の形に似合うストールやマフラーのまきかた、アクセサリーの形などを知ることができました。
鏡が見えない私にとっては似合う形などを知れて嬉しかったです。
それに、今年の秋冬のトレンドの情報提供も嬉しかったです。
さらに、皆さんがどのように工夫されているのかを聞けましたし、私も中村先生に気になっていたことを聞くことができて参考になりました。
これから、少しでも今年のファッションを取り入れていきたいと思います。
本当にカラーって、深いですね。次回も楽しみにしています。
また、ランチ交流会の時にはおいしい食事に楽しいおしゃべりに、胡麻の葉っぱを触らせてもらい、貴重な体験でもありました。
中村先生、今回もわかりやすい参考になる話をありがとうございました。

★仲間のスタイリングや自分の顔立ちに合うスカーフアレンジ、ファッション誌を楽しんでハッピー!

またまた、今日も盛り上がりましたね。
他の団体でのカラー講座も経験しておりますが、やっぱり「きらららしいサロン感覚」満載のカラー講座であったと思います。
いつもながら、参加者同誌のスタイリングからも、相手を知るきっかけも得られましたね。
夏とは違う仲間のファッションに、
「そういう雰囲気の格好もするんだな」と新発見もありました。
女子は、おしゃれでイメージチェンジができますから
これからも、素敵な仲間の七変化を楽しみにしたいと思います。
また、顔立ち別、スカーフの巻方、襟元の形、アクセサリーの使い方を学びました。
話を聴きながら「滴型など、流れるニュアンスのある雰囲気のペンダントが似合うのかな」とか、
今迄買ったことのないアイテムについてもイメージしたりしていました。
ファッション誌についての情報はかなり新鮮でした。
何十年ぶりかに雑誌のページをめくっているような気分でした。
かつては、誌面に出ていたお気に入りのワンピや靴なんかが欲しくなって
我慢するのがストレスでしたが、
見えなくなった今は、
自分らしいアイテムの情報だけを頭の中でセレクトできるので
「見えないっていうのはエコだな」とも思います。
ただ、逆にお店で触ってビビッとくると、
鏡移りはともかく、
着たい度数が上昇してしまうのが問題です。
「自分がかわいいな」と思っても、
「デブが余計に目立つ」とか
「いい年して、若すぎる」とか言われると
「自分がいいと思っても、現実はそうではないのかな」と
しょんぼりする時があります。
そういう時は、やっぱり鏡で前進をみて、自分の意志でいい悪いを決めたいって思います。
私、デブもおばさんも承知していますから、
それを理由に「似合わない」を言われると、腹が立つんですよね。
男性雑誌の中身も、結構色のコーデは共通することも多く、
「そんなスタイリングをした青年の日の息子とデートしたいな」と勝手に思っていました。
絶対、無理だけど。
息子は10歳にして、上下の色使いや靴の組み合わせとかも気にしているので、
おしゃれな子になってくれるといいなって思っています。
塾にはアディダスの上下は着ていかない。勉強するところに着ていく服じゃない」とか、生意気なこと言うので、困りものですが。
帽子のオーダーにトライとか、今回予定していたけれど、次回に持ち越しとなったヘアカラーの話、まだまだカラーをテーマにした講座のネタはつきません。
また、別の角度から色を考える「色から受ける心理や、心で描く色」についても考える講座もできればと思います。
また、皆さんときららおしゃれ談義で盛り上がりましょう。
そして、どんどん「見た目」を挙げましょう。
中身を挙げると顔に出ます。
いい顔になるのは容易ではありませんが、
そこは、ボチボチ上げましょう。
秋冬のトレンドカラー、ブラキッシュカラーやロイヤルブルーを自分らしい形でアレンジして、
今季のきららで、皆さんと元気に会えることを楽しみにしています。